野村不動産の超高級タワマンで手抜き工事か

せっかくコストかけてつくってるんだから、ハイクオリティの物を作ろうとはならないのでしょうか?

やっぱり少しでもコストを下げて利益を増やしたかったんでしょうか?

絶対にバレないんだったら、まあいいかもしれませんが、

最終的にはいつかバレるような気がします。

その時に、下げた分のコスト以上の請求されてしまっては意味がありません。

目先の利益に囚われて、長期的な視点を持てなかった例ですね。

まあ、手抜き側からすると、バレなければ大儲け、バレたら大損害っていう一世一代の大勝負なんでしょうか?

しかし、設計図通りに作らなかったとしたら、それは契約違反なので、弁解の余地がありません。

野村不動産 「超高級タワマン」のトラブルに購入者が大激怒
https://friday.kodansha.co.jp/article/185690

施工は清水建設、総戸数716戸で商業施設直結 ファミリー層に人気の再開発エリアに完成した「億ション」で大トラブル 設計図と違う! 耐火、耐水、防音設備に重大な欠陥があることが次々に判明

場所はここです。
武蔵小金井駅のすぐ近く。

プラウドタワー武蔵小金井クロス
東京都小金井市本町6丁目13−14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です