ブルシットジョブとは

ullshit とは、たわ言、でたらめという意味らしいです。

『ブルシット・ジョブス』(英: Bullshit Jobs:A Theory)は、アメリカ人人類学者のデヴィッド・グレーバーによる2018年の著書で、無意味な仕事の存在を仮定し、その社会的有害性を分析している

やりがいを感じないまま働く。ムダで無意味な仕事が増えていく。
人の役に立つ仕事だけど給料が低い――それはすべてブルシット・ジョブ(クソどうでもいい仕事)のせいだった! 職場にひそむ精神的暴力や封建制・労働信仰を分析し、ブルシット・ジョブ蔓延のメカニズムを解明。仕事の「価値」を再考し、週一五時間労働の道筋をつける。
『負債論』の著者による解放の書。

ブルシット・ジョブクソどうでもいい仕事の理論
https://www.iwanami.co.jp/book/b515760.html

書評|クソくだらなくて意味のない仕事が増えている|Bullshit Jobs by David Graeber
https://www.catapultsuplex.com/entry/bullshit-jobs

ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論

Bullshit Jobs: Vom wahren Sinn der Arbeit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です